ライフスタイル

【ド素人からアドセンス合格!】審査10回落ちた僕が最後にしたこと。

Hey, what’s up?

Dsk.(でーさく)です。

 

ネットに書いてあることはすべてやったのに

何やってもアドセンス審査に合格しない↴

わかります。僕もそうでした。

 

なんなら僕なんかネットに書いてあることすらあまり理解できないくらいのド素人ですから…。

 

そんな僕がなんと!

先日アドセンス審査に合格しました!!

マ、マジかよ!!( ゚Д゚)

 

 

【合格時のブログ状況】

●雑記ブログ
●記事数→29記事
●1記事平均→2500文字
●アフィリ貼りまくり

こんな感じです。

 

今回はド素人の僕がアドセンスに受かった時にやったこと4点をまとめました。

 

※あくまで僕なりの視点です。あしからず。

 

本記事を書いてる人

●就職氷河期世代

●ド素人からアドセンス合格

●投資(その他諸々)

この記事を書いてる僕は典型的な就職氷河期世代。
個人で稼ぐを目標にいろんな事にチャレンジしてます!

 

 

 

悩まされた2つのこと

アドセンス審査不合格メールで僕が何度も見た言葉。

それが

❶当プログラムのご利用要件を満たしておられないことがわかりました。
❷価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)

この言葉、審査に落ちた人なら必ず1度は見たことあるかと思います。

僕はこれに悩まされた(*_*;

 

❶に関して言えば審査すらされてないってことですから…。

そこでネットを読みあさり、必要な設定をすべて確認し❷をクリアするためにコピペチェックもした。

 

それでも審査の結果は不合格…。

 

これではダメだと❶❷と”にらめっこ”しながら考えた。

ん~…

それで思いついたのがこれ!

●記事にリンクを貼る
●パーマリンク設定の見直し
●記事を非公開にする。
●記事の書き方見せ方の変更

 

今までの記事を直すことを止め、とにかく気にせず上の4点を頭に入れ記事を増やすことにした。

 

記事にリンクを貼る

「記事の価値を上げる」ためには読者がすぐに離れない記事にしないといけないと考えた。

僕はアメカジブログをやってます。

 

例えば

①スニーカーの記事を書く

②スニーカーの画像を載せる際にそれに合うパンツを穿いてコーデ画像を載せる

③今度はそのパンツの記事を書く
(ここでそのパンツに合うアウターのコーデ画像を載せる)

お互いの記事に「あわせて読みたい!」とリンクを貼る

⑤次にアウターの記事を書く

 

要するに“記事を数珠つなぎ”にしたわけ。

1つの記事を読んだら終わりではなく、どんどん次の記事に興味を持ってもらうようにした。

それをすべて読んだら”トータルコーディネイトができてしまう”みたいな。

 

こうすれば「回遊率」もあがり”トータルコーディネイトができてしまう”という価値も提供できた。

 

これによってセッションの継続時間(滞在時間)も上がりました⤴

 

パーマリンク設定の見直し

ド素人の僕としてはこのパーマリンクがイマイチわかっていなかった。

今もあんまりわかっていないけど(^^ゞ

 

今までは→「https://○○○○.com/jeans-denim」

みたいな感じでジーンズの記事を書いたらその単語だけを入れていた。

 

見直しを考えてからは

「https://○○○○.com/カテゴリ名-記事タイトル-記事内の単語」

というカタチにした。

 

(例)僕のブログでいうとカテゴリ名は”アメカジ”なので

「https://○○○○.com/amekaji-jeans-denim」

 

アメカジの記事を書く時はパーマリンクは必ずカテゴリ名の“amekaji”入れるようにした。

これでアメカジでくくられた記事が増えてGoogleさんのAIが見つけやすくなるようにしたわけ。

 

イメージとしてはルーズリーフをファイルにまとめて本棚の”amekaji”のジャンルのところにしまったって感じです。

 

記事を非公開にする。

意外と有効的だったのかな、と思ったのがこれ。

けっこう記事も増えてどの記事のどこをリライトすればわからなくなってた。

変にいじくってわけわからなくなるのも嫌だったので思い切って記事を非公開にすることにした。

 

ここで勘違いしちゃダメなのが“削除”ではなく”非公開”ね。

審査に通ったらまた公開できるように一旦Googleさんの目の届かないところに隠すわけ。

みなさんもないですか?

自信がない記事、あまりうまく書けてない記事、他のブログと似たような記事。

こういうのを僕は全部非公開にした。

 

記事数も減り不安もあったけど「価値の低い広告枠」だと思われる記事は無い方がいいと思ってそうした。

結果、これが意外とよかったのかもしれない。

 

記事の書き方見せ方の変更

最初は”導入部分”からしっかりと順序よく文字を書いてた。

ハッキリ言ってこれって絶対読まれないですよね?

なんかの合間にこれ見て、いきなり文字ばっかりでは誰の目にも止まらないしその記事に興味も持ってもらえない。

僕だってそうですから(^^ゞ

 

そこで考えたのが”導入部分”から記事の全体がわかるような書き方に変える、ってこと。

❶悩みの問いかけ
❷見つけました
❸これです!
❹でっかくコーデ画像を載せる

これを文章は短くそして少なめにして導入部分で表現するようにした。

 

そこにド頭からキャッチーな画像を載せることで興味も持ってもらえるし、「このファッションアイテムの話なんだな」と一発で理解してもらえる。

 

画像はすごく効果的でこれによって「ユーザビリティが高い」記事ができたと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

アドセンス合格のために最後にしたこと

❶記事を数珠つなぎにする(リンクを貼る)
❷パーマリンクはカテゴリ名を入れる
❸自信のない記事は非公開に
❹導入部分で全体像を見せる

僕はこうやって自分のブログを「価値の低い広告枠」から価値を上げアドセンスに合格することができました。

 

大切なのは「オリジナリティのあるサイト」だと思います。

Googleさんもそういうの好きだし(^^)

 

ド素人の僕がやったことが少しでも参考になれば幸いです。

あとは諦めないこと!!

 

今回はここまで

good-bye.