氷河期ブログ

【40代のサラリーマン必見!】リストラ経験者おすすめの在宅ワーク

こんにちは、でーさくです。

氷河期世代の40代サラリーマンの皆さん今日もお疲れさまです!

いや~、ホント疲れましたね。

働けど働けどお金は貯まらず出ていくばかり。こんなに働いているのにね…。

しかも企業は能力主義へと変わりはじめ、僕みたいなフリーター歴が長い上に何の実績もない氷河期世代は今後リストラの対象になりかねない。

どうします?

これ、他人事じゃないですよ。

今回はそれに備えて副業をマジで考えましょうというお話です。
サラリーマンだけの稼ぎではもう厳しいです。

 

もはや『副業』ではなく『複業』の時代です。

 

 

本記事を書いてる人

●リストラ2回

●離婚

●うつ

この記事を書いてる僕は典型的な氷河期世代の人生↴…、でした。
現在は生き方を変えてブログを運営できるほど毎日充実してます↗

 

 

では、どうぞー

氷河期世代が対象になりやすい

みなさんは『黒字リストラ』って知ってます?今これをする会社が増えてきています。

黒字なのにリストラされるんですよ。

それはなぜか?

僕の言葉で簡単にお話します。

企業は働き方改革の『同一労働同一賃金』で人件費がさらに増加、しかも『70歳定年法』で長く人材を雇わないといけない可能性がでてきました。

それを見据えて余力があるうちに人材を振るいにかけ人材選定を行おうとしているのです。

要するに年功序列から能力主義へ、という感じです。

 

僕らの世代は中途半端に人口も多い。

おまけにフリーター歴が長い人が多いので社会経験も乏しい。これだけでも、もう不利ですよね。

 

それでも遅咲きでやっと就職できたのに能力をアピールする間もないまま、簡単にリストラの対象とされてしまうのです。

 

今回のことで内閣府の『就職氷河期世代支援プログラム』もどうなるかわからなくなってきました…。

いつも僕らの世代は割を食う!

でも生活をしていかなければならない。

大切なのはマインドの切り変え。
サクッと考え方変えましょ。

『個』で稼ぐ時代

これからは「自分で稼ぐ力」もつけなくてはいけない。

大手企業でも副業を認めてるところはたくさん出てきていますよね?

会社が副業を認めるなんてちょっと前では考えられないことです。

 

それだけ今は会社にとっても厳しい時代であって、社員の生活を保障できる余力がないってことです。

じゃあ?どうするか。

サラリーマン、バイト、派遣として働きながら『個』の力もつけていった方がいいってことです。

 

とはいってもなかなか時間が作れないのが現実。

やっぱり自宅でできる仕事がしやすくていいんじゃないかと思います。

クラウドワークスで副業(複業)を考える

副業(複業)って時間を作るのがホント大変。本業との兼ね合いもあるし。

こうなるとやっぱりネットの仕事が一番。PCあったらどこでもできるし。

今回はこのおすすめの1社【クラウドワークス】に絞ってご紹介。

もっとも有名な日本最大級のクラウドソーシング。これは僕もすでに登録済。

とにかく仕事の案件が多い!

初心者でも簡単に始めることができて経験不問・スキル不要の仕事もたくさんあります。

登録も超簡単で1分もあれば終わります。

初心者におすすめ案件

〇質問、アンケート回答
〇レビュー、文書作成
〇データ入力
〇テープ起こし、文字起こし
〇かんたん調査

初心者にオススメの案件ですね。報酬は安いけど「こんな感じか」と感覚を掴むのには最適です。経験不問・スキル不要でできるのが大きい!

スキルを活かせる案件

〇システム開発
〇アプリ・スマートフォン開発
〇ECサイト・ネットショップ構築
〇翻訳・通訳サービス
〇写真・画像・動画編集

本業での知識やスキルを会社だけで使うのはもったいない。
個人でもそれを活かして仕事を始めたらまた稼ぎも増えます。専門的なスキルを要するものなので報酬もお高めです。最近ではyoutube動画の編集とかもあります。

おもしろそうな案件

〇ネーミング募集
〇キャッチコピー、コピーライティング
〇キャラクター、アイコン、アニメ
〇企画・プロモアイデア募集

これは楽しみながらできる。
オープンするお店の名前や新商品のキャッチコピーを考えるお仕事。

これはコンペ式なので採用されないと報酬は入ってきません。でも、誰でも応募が可能なのでじゃんじゃんチャレンジしてみて下さい。

僕もブログの傍ら名前を募集しているクライアントの募集要項をチェックしながらいいアイデアないか考えてます(^-^)V

仕事の形式の種類

クラウドワークスには3つの仕事の形式(依頼形式)があります。

①プロジェクト形式

クライアントの依頼に対して応募し、両者で条件のやり取りをします。交渉が成立すれば契約して仕事開始という流れ。

『交渉契約→作業納品→報酬』

ちょっとこれは初心者には向いてないですね。慣れてからにしましょう。

②タスク形式

クライアントが依頼する仕事内容に対して応募して作業を行います。求人誌を見て応募する感じですかね。交渉やら契約がないので気が楽です。

『応募→作業納品→報酬』

これは初心者にオススメの形式です。

③コンペ形式

上項でもお話しましたがクライアントの募集に対して自分で制作したものを提出し、採用されたら報酬がもらえるという流れ。

イラストやロゴマーク、ネーミングなどこれになります。

メリット、デメリット

《メリット》

●好きな時間に好きな場所でできる。
●ネット上ですべてが完結する。
●人間関係に悩むことがない。
●スキルが身に付く。
●シニアになっても働ける。

ネット上ですべてが完結するので時間と場所を選ばず仕事ができるのはありがたいですよね。個人的には邪魔くさい人間関係がないのがいいです。副業までそんなこと考えるのダルいですから(笑)

 

《デメリット》

●自宅で一人の作業。
●モチベーションの維持が大変。
●手数料が少し高い。
●人間関係がない分納期を守らないと信頼されなくなる。

 

家には誘惑多いですから。何かと集中できずやる気スイッチの切り変えが大変です。

まとめ

最後まで読んで頂きありがとうございます。

これからは『副業』ではなく『複業』です。

3本の矢は折れにくく、3本柱は倒れにくい。そういうことです。

心の安定にも繋がります。

これをキッカケに自分の中の『働き方改革』を真剣に考えてみてはいかがでしょうか。

もう、待ったなしの状態です。あとは行動するのみ!

氷河期世代に幸あれ!

以上、でーさくでした。

good-bye.

 

 

RELATED POST